女性管理職を応援

女性管理職のニーズ

women女性管理職と言えば、今でも古い考えの会社は男が女の上司に指示されたくないとか、女ににこにこへつらいたくないとか、とかく社会は男社会だと思われている節はまだ往々にしてあります。

しかし、今の世の中はそうは言ってられません。女の人でも能力のある人はリーダーとして管理職になり、会社や企業に貢献してもらっていかないと成り立ちません。

今日、女性が働くのは当たり前のことです。そして、世の中のニーズも多種多様であり、女性ならではの目配り、目線などはまた、男の人と違う観点で物事に対して考えられます。
企業としても、女性管理職の力が企業を強くすると言われています。

なりたい人が少ない

builまだまだ女性管理職は少数であるので責任も重く、ストレスを抱えることも少なくないので、こうした女性管理職をもっと、企業側で育てていく必要も出てきました。

今では、政府の働きかけもあり、女性管理職を国ぐるみで増やそうとしている活動が積極的に行われていますが、日本の企業と呼ばれている会社では女性管理職の割合は100人中7.9人ほどなのです。

女性管理職になりたいという人は結構少ないのです。
仕事と家庭の両立が難しい。責任が重くなる。などという結果が出ています。

女性管理職を雇うメリット

ただし、世の中の成長には女性の社会進出に不可欠になっています。
女性は人地ではないので、女性同士が力をあわせて管理職同士で行動を起こすとなんでもクリアすることができるのです。

男性ができないこと、考えられないことなどのアイデアを出したりできますし、感謝の心も生まれます。そうして、女性管理職が増えれば、男性も頑張る気持ちが生まれ、全体に能力も上がって、協力もするようになり、社会全体が潤います。
ひいては、社会全体で管理職を応援するということにもなります。

厚生労働省のアンケート調査では、人事戦略として企業が女性社員の活用及び登用については5,000人以上の大規模企業では重視する割合が67.5%ですが、300人未満の中小規模の企業では19.6%と低い数値です。office

こうしてみると女性社員の活用と登用は企業の規模で差が大きいものですが、大規模の企業は重要性に理解があります。

そして、企業の重視した理由は男女に仕事の上での能力差は認められないというのが一番高く69%、女性に能力を発揮してもらうことが必要が65.5%、女性の社員のやる気を向上させることが必要不可欠だから58%となっています。

女性管理職の悩み

ただ、女性管理職が少しずつ多くなってくると、なかなか悩みもつきなくなるものです。

当サイトでは、女性管理職が抱える悩みについてや、数が少ないのはなぜかといったことなどについて紹介いたします。

女性管理職の抱える悩み

女性が抱える悩みについて考えてみましょう。

女性管理職が増えない理由は?

日本ではまだまだ少ない女性管理職についてご紹介します。

コラム紹介

最近話題になっているサイトからコラムを取り上げました。